iPhoneの動作が遅い!そんなときは「マルチタスクの削除」を

MENU

iPhoneの動作が遅い!そんなときは「マルチタスクの削除」を

最近、iPhoneの動作速度が遅かったり、ビジー状態で画面がフリーズして動かなくなったりといったことが続いていませんか?
強制的に再起動すると、起動したては、その症状は治るものの、時間が経つと同じように遅くなる。そんなときは故障の可能性を疑って、iPhone修理店へ持って行きたくなりますよね。
 

 

とはいえ、iPhoneの修理代は高いので、できることなら修理せずに直したいですよね。そんな時に試してほしいのが、マルチタスクの削除です。

 

マルチタスクとは?iPhoneになくてはならない機能!

iPhoneをはじめとするスマートフォンには、マルチタスク機能が付いています。
マルチタスクとはその名の通り、同時にいろいろなアプリケーションソフトを行える機能のことをいいます。
たとえば、画像管理をしながら音楽を聴いて、LINEをするようなことが同時にできてしまうのです。
このように、マルチタスク機能はとても便利な機能ですが、実は落とし穴があるのです。

 

マルチタスクの落とし穴……動作が遅くなることも

では、マルチタスクの落とし穴とはなんでしょうか?
それはズバリ、メモリの空き容量の不足につながると言うことです。
つまり、iPhoneにはマルチタスク機能があるために、複数のアプリケーションソフトを起動させることができます。
しかし、その結果、アプリケーションをスムーズに動作させるメモリの空き容量が不足するため、iPhoneの動作が遅くさせてしまいます。

 

マルチタスクの削除方法とは?

そこで、iPhoneの動作スピードを改善したいときに行いたいのがマルチタスクの削除です。
まずは、マルチタスク画面を表示させます。この方法としては、ホームボタンをダブルクリックする方法やAssistive Touchメニューからの起動などの操作を行います。
マルチタスク画面を表示させたら、次は終了させるアプリケーションソフトのアイコンを上方に向かってスワイプします。たったこれだけで、起動していたアプリケーションが終了します。
たくさんのアプリケーションソフトが起動している場合、これらを終了させるだけでもメモリの空き容量が増えてiPhoneの動作速度も速くなります。

 

動作が遅くなったらiPhone修理の前にマルチタスクの削除を!

このように、マルチタスク機能は便利な反面、アプリケーションを起動させすぎると動作速度が遅くなりフリーズする原因になってしまいます。「もしかしたら故障したのかもしれない?!iPhone修理のお店を探さなくては!」そう焦る前に、まずはマルチタスクの削除をしてみてください。