iPhoneのバッテリーは、どれくらいで寿命を迎えるの?長く使うコツは?

MENU

iPhoneのバッテリーは、どれくらいで寿命を迎えるの?長く使うコツは?

音楽を聴いたり、写真を撮ったり、連絡用に使ったり、iPhoneは肌身離せない存在になっている方も多いのではないでしょうか。
しかし、毎日常に使っていると、バッテリーの持ちが悪くなってしまいます。使用当初は、1日充分に持っていたものの、最近では、半日くらいしか持たない、なんて思いをしていませんか?それって、もしかするとバッテリーの寿命かもしれません。
そこで今回は、iPhoneバッテリーの寿命と、長持ちさせる秘訣をご紹介します。

 

iPhoneバッテリーの寿命はどれくらい?

iPhoneだけでなく、電化製品ってある程度の寿命がありますよね。各メーカーではそれぞれに寿命を想定しています。
もちろん、iPhoneのバッテリーにもその寿命の想定があるんですよ。それは、約3年です。アップルの公式発表によると、iPhone6をはじめとするiPhoneやiPadの電力消費期間は3年間を想定しているということになっています。

 

とはいえ、iPhoneの使用頻度や充電頻度は人によって様々です。そのため3年が経たないうちにバッテリーが悪くなり、iPhone修理店に依頼しなければいけなくなるケースもよくあります。
では、どうすればバッテリーを長持ちさせることができるのか、長く使うコツをまとめてみましょう。

 

iPhoneバッテリーを長く使うコツとは?

そもそも、iPhoneに搭載されているバッテリーはリチウムイオンというものが採用されていて、充電回数の上限があるのです。その回数とはおよそ400回、それを越えると、もともとの80%程度の充電しかできなくなってしまいます。
まったく充電できないよりはマシですが、80%の充電だと少し使い勝手が悪いですよね。

 

こまめにバッテリーを充電する

そこで意識したいのがこの充電回数の上限です。ここでいう充電回数とは、単に充電器に繋ぐ行為の回数ではなく、100%に充電したバッテリーが0%にまで下がるくらい使用することをいいます。そして、バッテリーの消費量をみてみると、100%から50%へ低下するまでのものと50%から0%へのものとでは、後者の方が格段にバッテリーを消費するという検査結果が出ています。
そのため、バッテリーはこまめに充電する方が長く使うことができると言えるのです。

 

過充電を防ぐ

さらに、充電時間が過ぎても充電し続けるのもバッテリーを早く消耗させる原因になります。これを過充電というのですが、長時間にわたって過充電を行うことを繰り返すと、充電できる容量が下がってくるのです。そのため、充電が終了したら、すぐに充電器から外すようにするのが得策です。

 

このように、バッテリーを長持ちさせるには、こまめな充電と過充電の防止が必須となります。今日の充電から意識してみてくださいね。