iPhoneの純正イヤホン、役立つ使い方はある?

MENU

iPhoneの純正イヤホン、役立つ使い方はある?

iPhone5の登場を皮切りに販売が始まったのがiPhoneの純正イヤホンです。
その名も、Ear Pods、Apple社の純正なので、音質が良いだけでなく、リモートコントロールできるのも便利なところです。
とはいえ、せっかく高機能を有しているEar Podsですが、使いこなさなければ宝の持ち腐れです。
そこで、今回は、iPhoneの純正イヤホン、Ear Podsのリモートコントローラーの便利な使い方をご紹介します。

 

動画や音声再生時の活用

Ear Podsに付属のリモートコントローラーには、「+」と、真ん中、さらに「-」のボタンが付いています。
これらのボタンは、動画や音楽を再生するときにとっても便利に使えるんです。

 

たとえば、停止中に真ん中のボタンを1回押すと再生、再生中に真ん中のボタンを1回押すと停止します。
次に2回押すと次の曲へ、3回押すと前の曲へ飛びます。
それだけでなく、真ん中のボタンを2回押した後そのまま長押しすると早送り、3回押した後長押しすると巻き戻し機能が使えます。
また、「+」ボタンには音量を上げ、「-」ボタンには音量を下げる機能もあります。

 

通話時の活用

iPhoneを使って音声通話をしているときにもこのリモートコントローラーは活躍します。
着信時に真ん中のボタンを1回押すと電話に出ることができ、通話中に真ん中のボタンを1回押すと通話を切ることができます。また、着信時に真ん中のボタンを2秒以上押すとフォンフォンという音が鳴って、着信を拒否することができますし、通話中に真ん中のボタンを2秒以上押すと保留させることができます。

 

さらに、リモートコントローラーはマイクとしての活用も可能です。EarPodsをイヤホンとして耳につけると、コントローラーが口のあたりにくるので、通話が楽に行えます。

 

 

写真撮影時の活用

iPhoneは画質も良いので、写真撮影に活用している方も多いのではないでしょうか。
実は、EarPodsのリモートコントローラーは、シャッターがわりにも使えるのです。
使い方はとても簡単で、シャッターを切るときに「+」もしくは「-」のボタンを押すだけです。
これなら、本体を少し離れたところにおいて、リモートコントローラーを使ってさっと撮影することができますよ。本体を持ちながらの撮影となると手振れしやすいですが、リモーとコントローラーからの操作だと、手振れしにくくなるのも嬉しいですね。

 

もしiPhoneのイヤホンが壊れたら?

ちなみに、もし純正イヤホンが壊れてしまったら、Appleの保証サービスに加入していれば、新品と交換することが可能です。
それでも音の聞こえが悪い場合、イヤホンジャックの故障が考えられますので、一度iPhone修理店に相談してみてください。

 

 

 

まとめ

このように、iPhoneの純正イヤホン、EarPodsには、便利な機能がたくさんあります。
一度使い方を覚えると、操作がとても楽になるので、ぜひ、覚えて活用してくださいね。