転ばぬ先のバックアップ!iPhoneデータを守るiCloudの基本とは

MENU

転ばぬ先のバックアップ!iPhoneデータを守るiCloudの基本とは

転ばぬ先のバックアップ!iPhoneデータを守るiCloudの基本とは

 

うっかり水没!まさかの盗難?!など、iPhoneのトラブルは絶えませんよね。特に、iPhoneは、市場価値が高いため、飲食店のテーブルに置いておくだけで、盗まれたなんてトラブルも後を絶ちません。
そんなとき、自分のiPhoneが悪用されるのも怖いですが、それと同時に怖いのが、本体がなくなるためにデータが見られなくなることです。
それだけでなく、iPhoneも機械である以上、突然故障してしまうことがあります。iPhone修理に出したとしても、運が悪ければデータが全部消えるなんてこともあり得る話です。

 

例えば、登録している連絡先データだったり、撮影した写真や動画のデータだったり、中には、ダウンロードした音楽のデータなど、大切なデータがありますよね。
これらのデータが、不測の事態で消えないように、あらかじめバックアップしておく必要があります。

 

iPhoneのバックアップ方法とは?

iPhoneのバックアップ方法として、一番身近で手軽なのが、iCloudを使う方法です。また、iTunesを使用する方法もあります。
ここでは、簡単に行えるiCloudでのバックアップ方法をご紹介します。

 

iCloudを使用した自動バックアップ法

iCloudを使用する場合、自動バックアップと手動バックアップがあります。
自動バックアップは、1日に1回、iPhoneの充電中やWi-Fi接続が有効な場合、スリープ状態の時に行われるバックアップ方法です。
設定方法は簡単で、設定画面からiCloudの項目をタップします。その画面で、メールや連絡先など自分がバックアップしたい項目を選択します。そして、バックアップの項目をタップします。そして、iCloudバックアップの項目スイッチをスワイプしてオンに設定します。設定されると項目部分が緑色に変わります。
すると、「iCloudバックアップを開始」というポップアップ画面が表示されます。そこでOKボタンをタップすると、「バックアップ機能をオンにしています」というポップアップ画面が表示され、今後、1日1回は自動でバックアップが行われます。

 

iCloudを使用した手動バックアップ法

手動バックアップ法は、自分で操作をしてバックアップを取る方法です。
まずは、自動バックアップと同様、iPhoneを充電中にしてWi-Fi接続を有効にしておきます。そして、iCloudの画面を開き、バックアップの項目をタップします。次に、「今すぐバックアップを作成」という項目をタップすると、iCouldに対するバックアップが始まります。

 

バックアップというと、少し難しい印象を受けがちですが、実はこんなに手軽な設定で、あなたのデータを保存することができます。ぜひ、習慣づけておいてくださいね。