緊急事態!iPhoneのホームボタンが動かなくなったときに試したい3つの方法

MENU

緊急事態!iPhoneのホームボタンが動かなくなったときに試したい3つの方法

iPhoneを使っていて、なんだかホームボタンが反応しにくい、そんな感じはしませんか?この反応の悪さ、物理的な故障のケースもあれば、アプリケーションの問題の場合もありますよ。

 

ホームボタンの調子が悪いときにまず試したい3つの手順

まずは、これから紹介する3つの作業を試してみてください。案外修理いらずで直ってしまうこともありますよ。

 

起動中のアプリケーションソフトを終了する

ついつい便利だからといろいろなアプリケーションソフトを起動させていませんか?複数のアプリケーションソフトを起動させると、メモリに対する負荷が高くなり、動作が遅くなってしまいます。その結果ホームボタンなど、ボタンの操作や反応が鈍くなってしまいます。
そこで行いたいのが、起動中のアプリケーションソフトの終了です。すべてのソフトを停止させることでホームボタンが反応するようであれば、今後、いくつものアプリケーションソフトを同時に起動させるのを避けるようにしましょう。

 

再起動させる

iPhoneを再起動させてみることで、処理が改善されホームボタンの反応が良くなることもあります。
まず、電源ボタンを長押ししてみましょう。画面に「スライドで電源オフ」という表示と電源マークが表示されるので、その表示をスライドして、電源を切ります。その後1分ほど時間をおいて、再度電源ボタンを長押しして起動させます。
一旦、本体を起動し直すことで、ビジー状態を改善させ、反応が良くなることがあります。

 

Assistive Touch機能を使う

ホームボタンが使えなくなると、iPhoneがかなり使いづらくなりますよね。そこで活用したいのがAssistive Touchです。一度表示設定をすると、画面上にアイコンが表示されそこをタップするとホームやコントロールセンター、Siriなど6個のアイコンが表示されます。このホームというアイコンは、ホームボタン代わりに使用することができるので、便利です。
Assistive Touchの設定方法ですが、設定画面から「一般」の項目を選択、「アクセシビリティ」の項目を選択し、下部へ画面をスクロールしていくと、Assistive Touchの項目が出てきます。項目の右側にあるスイッチを横にフリックすることで機能をオンにすることができ、Assistive Touch機能が有効になります。
Assistive Touchの起動は多少面倒ですが、ホームボタンが使えないときの裏ワザのように使えます。ぜひ、この機能を知っておいてくださいね。

 

物理的に動かなくなるケースは修理店へ

ホームボタンを押しても、反応が悪く、しっかりクリックできている感触が無い。その状態が長く続く場合は、接触不良が考えられます。
このケースは、もともとはスムーズに反応していたのに、徐々に反応が悪くなるのが特徴です。物理的に接触不良が起こっているときに、その原因が使用者の故意による故障でなく自然理由によるものである場合には、保証の対象となります。
購入してから保証期間内での申し出であれば無償修理が可能なので、一度、修理を相談してみてください。
保証に入っていない方や、保証期間が終わってしまった方は、iPhone修理の非正規店に行くと比較的安価で修理が可能ですよ。

 

ここまで、ホームボタンが反応しない場合に試したい3つの方法と、修理が必要ないケースについてご紹介してきました。ぜひ参考にしてみてくださいね。