iPhoneの故障対策・修理についての豆知識!

MENU

iPhoneで通話中、突然声が聞き取れなくなった!その対処法とは?

さっきまでiPhoneで普通に会話していたのに、突然相手の声が聞き取れなくなった、そんな経験はありませんか?
もしかして故障?と、疑う前に、まずは自分で設定をチェックしてみましょう。

 

音量を確認する

一番単純な原因ともいえるのですが、iPhoneでの通話中に相手の声が聞き取れなくなった場合、知らない間に通話音量が下がっていることがあります。
本体の側面に音量ボタンがあり、「+」と「-」で操作することができます。音量を大きくするために「+」を複数回押してみてください。
また、付属のイヤホンを使用している場合であれば、コードについているリモートコントローラーから操作することも可能です。「+」のボタンを押すことで音量を上げることができるので、試してみてください。

 

ヘッドフォンの表示が無いか確認する

本体に何も接続していないのに、液晶表示にヘッドフォンという文字とベルのイラスト表示がされる場合があります。この場合は、本体にヘッドフォンやイヤホンがつながっているという誤認識になっています。
そこで確認したいのが、Lightningのコネクタ部分です。ここにごみがたまっていると接続されていると判断されてしまうので、掃除をしてください。

 

Bluetooth機能を確認する

iPhoneで音楽を聴く際に普段使っているBluetoothスピーカーなどを近くにおいている場合、その設定が優先されて、本体から音が聞こえなくなることがあります。
そんなときには、画面の下から上へ画面をスワイプさせて、コントロールセンターを表示させます。Bluetooth機能がオンになっているかオフになっているか調べましょう。ここで、ボタンが白くなっていたらオンになっていると言う合図です。もう一度ボタンを押してオフにしましょう。

 

スピーカー部分を確認する

本体上部中央に黒い穴がありますよね。これは、スピーカーと言って、相手の声がこの場所から伝わってきます。この穴を指で覆ってもらうとわかるのですが、完全に覆うと、向こうからの音が聞こえなくなります。
したがって、そのスピーカー部分にシールなど障害物がくっついていないかを確認してください。通話中に聞こえなくなったのであれば、耳の皮膚でスピーカー部分を覆ってしまっている可能性が考えられます。少し位置をずらして通話してみましょう。

 

このように、自分側でできる設定確認はとても簡単に行うことができます。それでも症状が改善されず声が聞こえなかったりする場合は、iPhone修理店へ相談しに行ってくださいね。

 

http://repairhonpo-nara.com/

iPhoneの液晶画面が点滅?不快な症状を引き起こす4つの原因とは?

毎日見ているiPhoneの液晶画面、なんだか点滅しているように感じるけれど気のせいかな?なんてお悩みの方、気のせいではありません!液晶画面の点滅は、れっきとした不具合です。そのまま使い続けていると、視力が落ちることもあるのですぐに対策が必要です。
そこで、本記事では、液晶画面の点滅を引き起こす代表的な4つの原因についてご紹介します。

 

 

液晶画面が故障している

そもそもの根本的な原因となるのが液晶画面の故障です。
稀にドット落ちと言いますが、初期の段階から液晶の一部が表示されないという不具合が起こりえます。この場合、あまりに広範囲に及ぶのであれば、保証の対象となります。
また、使用しているうちに液晶の部品が故障して点滅を起こすケースもあります。その場合はiPhone修理店に相談するようにしてください。

 

 

 

メモリの消費量がオーバーしている

iPhoneの液晶画面がチカチカと点滅してしまう原因の多くが、このメモリオーバーによるものです。
メモリは、アプリケーションソフトなどの処理を円滑に行うために必要なのですが、複数のアプリケーションソフトを立ち上げることで多くのメモリを消費してしまいます。その結果、許容範囲を超えることで動作が鈍くなり画面がチカチカと点滅してしまうのです。
これが原因となっている場合は、まずホームボタンを2回押してマルチタスクの画面を開き、それぞれのアプリケーションソフトを終了させます。少し時間を置くことで、改善することがあります。また、電源を再起動することでも改善することがあります。

 

アプリケーションに互換性がない

新たにインストールしたアプリケーションソフトが、古い機種に対応しているものや新しい機種に対応しているもので、自分の持っているiPhoneと互換性がない場合、エラーを起こすことがあります。
この場合、いったん、新しくインストールしたアプリケーションソフトをアンインストール(削除)してみましょう。これにより、動作がスムーズになり、点滅症状を改善できる可能性があります。

 

バッテリーが劣化している

長期にわたりiPhoneをしていると、バッテリーの電力供給にムラが出てくることがあります。普通に充電しているけれど、電池の減りが早くなってきたり、充電に時間がかかることが目安となります。この場合は、バッテリーが原因となって、液晶の点滅を起こしていると言えます。

 

このように、iPhoneの液晶画面が点滅を繰り返す原因はいくつもありますが、なかなか自分では判断しにくいですよね。そんな時は、信頼できるiPhone修理店に相談してみるのも一つの手ですよ。